がんについて

がん患者様に対して

正常に細胞分裂せずエラーが起きたのが「がん」細胞

がんは別名「悪性新生物」または「悪性腫瘍」といいます。新生物というのは、「健康状態では発生しないものが体内にできた」ということ。悪性とは、転移・増殖して人間を死に至らしめるという意味で使っています。

正常な細胞が分裂する際、エラーを起こしてできる不良品ががん細胞。それらが周囲の正常な細胞を破壊したり、あちこちへ転移するなどして増えたりすると、生命に危険が及ぼされることになります。とはいうものの、そのメカニズムは複雑で、いまだにすべてが解明されていないのが現状です。1981年には、がんが日本人の死因のトップとなり、残念ながらその状況は現在も変わっていません。

免疫力が弱まると「がん」発生の危険性が!

実は、がん細胞は誰にでも絶えず体内にできるもの。ではどうして、「がん」という病気になる人とならない人がいるのでしょうか。

がん細胞ができていくときや、体内で増殖しようとするとき、その細胞の発生や増殖を抑える役割を持っているのが、人体にもともと備わっている「免疫」という機能です。免疫の働きが正常であれば、細胞のチェック機能が効き、がん細胞の発生や増殖を抑制できるのです。
ところが、さまざまな環境や生活習慣の影響で免疫力が弱まってしまうと、細胞分裂の際に、エラーを起こした不良品のままで分裂を繰り返すことになります。それが「がん」と呼ばれるものになるのです。

治療後も上手に「がん」と付き合って生存率を高める

現在のがん治療には、手術、放射線、薬物療法(化学療法)といったいくつかの治療法を組み合わせて行うのが主流です。患者さまの体質やがんの特性など、状況に応じた医療を施すことで生存率も改善されてきました。それだけに、治療後もがんと上手に付き合っていかなければならない場合も少なくありません。そうしたときに鍵となるのが、免疫力です。前述のように、自身の免疫力が十分に働くようにすることが重要なのです。

免疫力の低下を引き起こす要因には、「喫煙」「加齢」「好ましくない生活習慣」など、いろいろあります。当院では、がんに対する2つの治療、「超高濃度ビタミンC点滴療法」「オゾン療法」を提案しています(詳しくはそれぞれの治療方法の解説をご確認ください)。各治療の特性を十分に生かした治療プランの相談も承っております。がんの治療・予防にお役立てください。

院長プロフィール 初めての方へ
院長から「がん」について一言 よくある質問
オフィシャルサイト